胃癌とマラソン

2018.9.16 TANGO 100Km ULTRA MARATHON

2018-10-06

2018.9.16 TANGO 100Km ULTRA MARATHON

 

2018.9.16 TANGO100Km ULTRA MARATHON

目指せ! 第3関門 71.8km
1回限りの挑戦
1年間の努力
流す汗と涙は、この日だけ。
第3関門 突破出来ず! タイムアウト 71.8キロ終了
碇高原登りきりました。

私の2018年 夏は終わり。
悔い、思い残すことなし。
丹後ウルトラマラソンにふさわしい暑さにも満足
言い訳も、やり残したこともなし。
どんな条件でも結果は同じ。
ゴールできないこと知っての挑戦
ゴールできないから挑戦しないことより、挑戦したことに自分を褒めてあげたい。
メダルは手元にないけど、丹後ウルトマラソン記憶のメダルは私の心に刻まれました。
たくさんの応援、一緒に練習にお付き合いしてくださったラン友さんに感謝いたします。

ウルトラマラソン100キロ挑戦卒業いたします。
ありがとう。

 

 

 

 

胃がん全摘3年 2018.8

2018-08-24

走ることは生きること、尾﨑礼佳でございます。

 

ご無沙汰しております。

無事8月3日に、術後3年を迎えることができました。

3年 転移するならが、この時期が一番危険と言われ、無事通過できたことは心から感謝しております。

ですが、

今年に入り、一部がんの疑いがあり生検検査を2度受け、グレーな判断の中、決め手が無く再度の検査を繰り返しておりました。

そして、今日再度検査結果は、がんが見つからず通過いたしました。

検査は、3か月ごとに生検を受け、血液検査とCT検査は半年ごとで繰り返されることになります。

 

2018/8/4.5.6 熊野霊山修行 3年連続滝修行を終えました。

 

1年目 がんと知りつつ熊野にて、滝修行を行い。 生きたい。と訴え、叫び手術

2年目 生きて帰ってきました。お礼の滝修行

3年目 がんの疑いがある中、がんが消えますように。 生きて人生を走らせて欲しい。

 

今日、がんが見つからずの結果がでました。

 

熊野滝行で、素晴らしい力とパワーを頂いたことに感謝いたします。

生きる。 がんが消えますように。 世界平和を祈り続けた滝行

丹後100キロ完走を祈願した熊野滝行

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

2018.7.5 富山マラソン 北日本新聞

2018-07-07

走ることは、生きること、尾﨑礼佳でございます。

2018.7.5 58才になりました。

 

2004年 胃がん3分の2摘出

2015年 残胃摘出

2015.10 わずか術後3か月 生きることは何か? 走ること

富山マラソンに復活挑戦 4時間57分完走

その後、ウォーキング100キロ完走

ウルトラマラソン100キロ完走

第1回からエントリーしている富山マラソン

2017年は3回目

術後2年 精神的にも安定し、身体も心も充実のなか走る。

完走後、北日本新聞取材を受け、翌日の新聞に掲載される。

そして、

2018年夏

北日本新聞からのバースディープレゼントは、CM

 

応援ありがとうございます。

 

2018年秋のレースは、もちろん富山マラソンからスタートです。

 

感動をめくろう 北日本新聞

 

 

 

北日本新聞CM

2018-07-06

北日本新聞CMに私が採用されております。

YouTube

富山マラソン 第3回

 

 

 

 

走ることは生きること 水都大阪100キロ完走

2018-05-01

2018.4.21  水都大阪100キロウルトラマラニック完走

 

素晴らしいお天気、水の都大阪 河川敷
眩しい朝陽、日差し、夕陽に見守られて、13時間46分無事ゴールいたしました。

 

皆様にご報告いたします。
以前から私に、皆さんの想い出の詰まった完走メダル
水都大阪ウルトラマラニックM4M活動に寄与させていただきました。
海を越えてアメリカ、もちろん日本国内の子どもたちの手に渡ります。
世界は一緒 小さな身体で治療に向かい合っている子どもたちに勇気を贈ります。
ありがとうございました。

 

私の100キロの旅は、40キロまで元気でしたが、その後気力と脚の痛みなどなど。
自問自答ばかりでした。
シューズは立派で走りは最低。 シューズに申し訳ないから最後まで走らなければ…。
今年もエイドで食べられない私の私物、スタミナジェルを預かってくださった新橋エイドのみなさんのおもてなしと優しさ。

 

ただひたすら前を向いて走っていました。なんてありません。
ひたすら下を向いて歩いていた方が多かった後半。
見知らぬ人、ラン友さんを追いかけては走り出し、その繰り返しでした。

 

誰かのために走ることのない私なので、最後まで自分の力を信じて走りました。

いつも応援ありがとうございます。
ありがとうございました。

Live in the present

 

 

走ることは生きること 講演 2018.3.30

2018-04-10


走ることは生きること、尾崎礼佳でございます。

 

2018.3.30 和歌山 医療病院 新入社員研修にて、

「走ることは生きること 二度のがんを経験して」

講演させていただきました。

はじめての胃がん宣告を受けたときの感情。

手術、入院生活での看護師との関わり。

介護福祉士

マラソンとの出会い挑戦

再度のがん宣告

全摘手術

復活マラソンへの挑戦 「愛と友情」

フルマラソン、ウルトラマラソン挑戦

仕事についてなどを、1時間講演させていただきました。

新入社員のキラキラ光った瞳が印象的でした。

今は、気づかなくても、いつか話したことが、

こういうことだったんだ… と、いつか気づいてくれると嬉しいです。

未来ある新入社員さん 頑張れ!

 

2018 さくら

2018-04-04

 

走ることは生きること、尾崎礼佳でございます♪

今年は早咲きのさくら
入学式を前に散ってしまうようですね。

私が住む京都伏見桃山の桜も、花の間から葉が見え隠れしだしてきました。

 

美しいとため息を吐くような一瞬、そう長くないさくらの命

 

人生の一頁

20年間のさくらが、私の目の前を通り過ぎていった。
京都に住んでいることが少し重いと感じたさくらの季節。

 

鎌倉、京都、箱根、東京のさくら
毎年、鎌倉、箱根強羅と歩き、東京千鳥ヶ淵のさくら
大学時代京都で過ごした、京都桜鑑賞

 

もうすぐ4月7日 さくらになってしまって1年
突然過ぎて信じられなかった。
京都は遅咲きのさくらが咲き出そうとした時に、私の前からいなくなってしまった。
5月の新緑の頃、会う予定だったのに。

 

水都大阪100キロ初挑戦 形見をポケットに忍ばせて完走。
いつも応援してくれた。
私をずっと永遠に応援してくれた人。

 

最初出会った時から最後までずっと、さくら散ることなく私を支え応援してくれた。

 

今年も水都大阪100キロ 一緒に走ってね…。

 

ありがとう。

2018.3.11 名古屋ウィメンズマラソンPB

2018-03-17

走ることは生きること、尾崎 礼佳でございます♪

 

 

京都 、東京、名古屋ウィメンズマラソン 3本走り続けた2018年前半フルマラソン走り終えました。
京都PB、東京PB、ウィメンズ 4時間00分7秒PB更新
サブ4まで8秒とういう微妙なタイムでゴール
決してサブ4を意識した訳ではありません。
偶然です。

胃が無い為、腸の動きが敏感であり、水分補給、固形物補給難しい私としては、毎回が賭け事と一緒のフルマラソン。

3本 無事トイレに駆け込む事なくゴール出来たのは本当にラッキーでした。

地元京都では沢山の応援を頂きながらも、一番苦労したように思えます。
そして、一番気持ち的には東京が脚も心も一体化したように自身では思っていますが、結果的タイムはウィメンズが一番良かったのは、未だ自分でも不思議です。

やはり、
京都、東京は二週続けて走り、ウィメンズは、京都から二週開けたことが大きかったのかもしれません。
休むことは大切なんですね。

今は、フルマラソンシーズン終え、ゆっくり…と。も束の間
4月 水都大阪100キロ
5月 半鯖 44キロ
6月 大江戸柴又 60キロ
6月 龍神ウルトラ 50キロ
9月 丹後ウルトラ100キロ
ウルトラに向けて、走り出します。

 

ありがとう 2018 東京マラソン

2018-03-02

走ることは生きること、尾崎 礼佳でございます♪

 

2018 東京マラソン

 

4時間00分50秒 プライベートベスト

一週間前地元京都 4時間9分 PB
約9分縮めてゴールしました。
京都を走り終え、一回も走らず正直不安だらけでした。
胃なしの私だから、身体を休め脚を休める選択。

 

市民ランナーの夢とも言えるサブ4 考えたこともない訳でもないが、私の走力とスタミナでは当然無理と決めつけていました。

 

恐らく4時間10分を切れるのがせいぜい。 運が良ければ、7分だいに乗りたい。
まさかのまさか東京マラソンで、4時間00分だいになるとは夢にも計算外。

 

京都より東京は走りやすく、動きやすかったのは事実。
京都 Eスタートでは、思うように走れない。
鴨川の道は狭くデコボコ 本当に京都は走りづらいコース。

 

その中でも、たくさんの地元応援に励まされ、笑顔で走りきれたのは最高なこと。

 

東京マラソン

見る限りでは京都とあまり変わらないのですが。

 

36,000人が、スタートしたとしても流れが良く道幅が広く、天候的にも暑さも無く、まずはハーフまで無給無水を選択し走る。

 

生まれ育ち見慣れた街並み、思い出深い場所は感情が動き、エネルギーアップし脚取りも軽くなる。
私にとって好条件がかさなる。

 

ひたすら走る、走りつずけるには、無給無水、一度でもエイドで何か入れたら、30キロ過ぎの身体と脳は次も要求するに違いないと考え、完璧無給無水決意。

 

東京タワー付近折り返し40キロフィニッシュを見たときは感動。
右側東京タワーに腕を上げファイト!

 

40キロフィニッシュを超えた時、時計を見ると3時間50分を切っていることを確認。

 

あとは、悔いの残らない走りをするだけ。

 

日比谷通りに入ると、懐かしさと感動で熱いものが溢れ出し、沿道の声援
「東京頑張れ!」で、号泣状態
顔に手を当てながら、最後の最後、全速力で走りゴール

 

タイムなんてどうでも良かった。
まして、ご機嫌斜めのガーミン ガー子だから、正しいタイムもとれると期待無く。
実際43キロ計測されているし。

 

更衣室でネットに繋ぎ確認したら、4時間00分50秒だった。という結果。

 

 

追記

前日、当日、腸内清掃する。下痢止め
当日朝、おにぎり2個
スタート前 カロリーバー 1本 食べ過ぎたかと悩む。

 

10キロ付近で腸が動き出す。
ハーフまで無給無水選択で持ちこたえる。
20キロ過ぎても、腸が動き出す。

 

30キロ、35キロ過ぎ、エイドで入れたいが、入れれば次への要求、腸が動き出す想定し、更なる無給無水選択 ゴール

 

一度もエイドは立ち寄らず、東京マラソンは終わった。

 

ありがとう 東京

 

東京マラソン

 

 

 

 

 

 

2018 Tokyo marathon

2018-02-26

走ることは生きること、尾崎 礼佳でございます

2018 東京マラソン
4時間00分50秒 プライベートベスト

一週間前地元京都 4時間9分 PB
約9分縮めてゴールしました。

京都を走り終え、一回も走らず正直不安だらけでした。
胃なしの私だから、身体を休め脚を休める選択しました。

24日 金曜日 臨海副都心ビックサイト受付
この地は、私の過去人生の中、思い出深い地である。

世界都市博覧会開催に向け、お台場付近が、東京が変わる地だった。
前、青島都知事が却下して、お台場付近は一時的に止まった。
あれから、… そして東京は、新しく変わった。

東京マラソンへの、想いは語りきれない。

私の人生を交えて、blogを今回書き綴っておきたいと思います。

ありがとう。 東京マラソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Older Entries

最新のお知らせ一覧

facebook & Twitter

過去のお知らせ一覧

Copyright(c) 2018 アニッチャ All Rights Reserved.