最新のお知らせ

愛と孤独に向き合う1年間 12回コース

2014.1.10

ANICCA  愛と孤独に向き合う1年間 12回コース

 

パーソナル(個人)コーチング・心理カウンセリング

 

1年間 12回コース 240,000円

 

 

対面もしくはSkype 90分

 

なんだかわからないけど、生きづらさを感じていませんか?人は恐ろしい体験をすると、

身を守るために記憶を忘れようとします。実は忘れていません。

心の奥、深層部に記憶は息を潜めて呼吸をしています。愛を感じないで生きてきた人は、

愛に飢え誰よりも愛を求めて生きます。そして愛を求め依存しいつか共依存になります。

愛を与えられなかった人は、愛を与えられると強烈に依存します。

 

子供時代から愛情を与えられなくて淋しい思いをした人は、自覚の有無関係なく、愛情と孤独のトラウマを抱えてきた人を親に持っていることも考えられます。
その親も、さらにその親からトラウマを与えられたのかもしれません。
愛情の、トラウマはかなり根深いものと言えます。

 

自分を愛せない、大切にすることがわからない、苦手なあたなたに1年間12回コース

 

 

あなたの1ミリのサポート

どの月からでも可能ですのでお問い合わせください。

 

人間関係は自分を大事にすることから始まります。

 

トラウマ  (ウイキペディア)

心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的な衝撃を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。

心的外傷が突如として記憶によみがえり、フラッシュバックするなど特定の症状を呈し持続的に著しい苦痛を伴えば、急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって、心的外傷外傷後ストレス障害(PTSD)ともなりえる。

心的外傷となるような体験を、外傷体験(英:traumatic experience)という。

 

 

 

 

 

 

2017年 富山マラソン

走ることは生きること、尾崎 礼佳でございます♪

2017年 富山マラソン

心折れることなく、最後まで全力で走りました。

たくさんの応援ありがとうございました。

 

北日本新聞 2017.10.30 朝刊

「脚と命がある限り走り続ける」。富山マラソンに特別な思いを持って出場を続けるランナーがいた。がんで2015年8月に胃を全摘した心理カウンセラーの尾崎礼佳(あやか)さん(57)=京都市伏見区=だ。3度目の挑戦はあいにくの天気となったが「雨でも応援してくれた。富山の人の優しさに触れた」と笑顔を見せた。

 胃がんが見つかったのは14年ほど前で、3分の2を摘出した。体調不良に苦しむ尾崎さんを刺激したのは、がん手術を経てなおも走り続ける男性ランナーをテレビで見たことだった。「エネルギッシュさに感動し、ある種の悔しさも覚えた」という。

 マラソンに挑戦したい気持ちに、体がついていかなかった。胃を摘出したことで柔らかい物しか口にできず、水さえ喉を通らなかった。おなかが痛くなることも多く、体重は手術前の52キロから44キロまで落ちた。

 それでも12年から練習を始め、同年4月には三重県の伊勢志摩であったハーフマラソンを完走。以降、神戸や徳島、北海道の大会を次々に走破し、「絶好調だった」と振り返る。

 15年に再び胃がんが見つかり、8月に全摘。「もう走れない」。再び絶望の淵に立たされた尾崎さんにとって、既にエントリーしていた富山マラソンが最後の望みだった。これに賭けた。「私には走ることしかない。富山の地で復活を誓ったんです」

 手術後数カ月で挑んだ大会は4時間57分で完走。ゴール後は涙があふれた。「ますずしと、立山連峰の景色が忘れられない」と話す。2度目はレース中に腹痛に襲われたが、沿道の人が自宅のトイレを貸してくれたと言い、「人は一人では生きていけないということを、この大会に教えてもらった」と語った。

 復活の第一歩となった富山マラソンを「人生の年輪」と表現する。「走ることは生きること。富山マラソンがある限り、走り続けます」。尾崎さんはこの日、富山マラソン自己ベスト記録で三つ目の年輪を刻んだ。

http://webun.jp/item/7411720

 

 

 

走ることは生きること 2018 京都マラソン

走ることは生きること、尾崎 礼佳でございます♪

 

2018年2月18日

PB パーソナルベスト 4時間9分 48秒

地元京都沢山の人の応援いただき、完走できました。

 

前日までシューズも選べず、お腹の調子もいつもながら不安で落ち着かない京都マラソンでした。

 

京都マラソン

 

笑顔で走らせてくれて、ありがとう。

 

 

 

 

FB アメブロより ーーーー♪

 

走ることは生きること、尾崎 礼佳でございます♪

2018.2.18 地元京都の沢山の応援をいただきながら、完走できました。

前日までシューズが決まらず、焦りました。

それと、… 不安なのは、腸が動き出してトイレに駆け込むこと。
毎回のごとく、前日から腸の清掃、当日清掃
下痢でもないのに下痢止め服用
食べ過ぎないことなどなど。
競技場到着して、スタミナとしてバナナ半分
1本食べたかったけど、お腹に溜まるからあきらめる。

しかし、
10キロ付近でガスが出だし、キケンな状態
またしてもトイレに駆け込み、京都マラソンは終わりか、。。

トイレに駆け込み早く解決するべきか、引き延ばすかの、かけ引き

安定したならば、選択することは、
飲まず食わず
無給無水を私は決意せざるえなかった。

なぜか、一番苦しい選択を選んでしまったのである。

FBよりーーーーーー♪

京都マラソン 4時間9分 PB 完走

いっぱいいっぱい応援もらって、ひたすら走りました。

10キロ付近で、腸が動き出して、。
ここで終わりか? お腹の調子を見ながら、私が選択したのは無給無水を選択。

食べれば、飲めば、たぶんきっと駆け込むこと間違いなし。

37キロ付近で、心も脚もボロボロ
そんな時、
「ももさん まだイケる」の応援

何をどうしてイケるのか?自問自答しながら、ひたすら走り、40キロ付近で愛用G armin ガー子 GPS 拾わず 壊れる。

残り2キロひたすら走りゴール

たくさんの応援ありがとうございました。

よいこの皆さんは、無給無水マネしないでね😊😅

新着一覧

最新のお知らせ一覧

facebook & Twitter

過去のお知らせ一覧

Copyright(c) 2017 アニッチャ All Rights Reserved.